今日の12月7日は私と妻の27回目の結婚記念日です。
妻の父は、妻が小学校6年生の時に亡くなりました。
母親との二人の生活が始まり経済的にも色んなことに変化があり大変努力をしたことを聞きました。
親戚一同から「お前は養子取りをして此処を継でいかなあかん」といつも言われてました。
妻もそのつもりでしたが、私と付き合い始めだんだんと悩み始めました。
私は養子には行かないし貴方を嫁さんとして迎えたいと伝えたからです。
妻が悩んでいる時に結構見合いの話があったのです、それも養子ということで。
早速、お母さんに会い結婚の話をしましたが、無言で反対の意思表示をされました。
(私が親ならきっと、反対したと思います。)
苦労されていられるので、人の気持ちがよくわかる人です。
怒るという事もなくやさしいお母さんです。(良いお母さんで本当に感謝しました。)
親戚からの反対もありました。時にはかばってもらった事もあります。
妻も迷いが少しづつ消え結婚の意思が固まってきました。
妻の友達も養子取りで彼氏が両親に会って反対されそれで、終わってしまったそうです。
自分もそうなるのかなと思ったそうですが、私は違いました。
妻の家に1年間通いお母さんに認めて貰いました。
お母さんは「あんたの気性で許す」と言って結婚を承諾して貰いました。
一緒懸命に頑張って誠意を見せたら人は感じて貰えるのだと思いました。
女性は星の数ほどいると言いますが、思う星はただ一つです。
苦労をして貰った奥さんだから大切にしています。お母さんも大切にしています。
結婚するときに妻もお母さんも一緒に貰いますと言いましたので。
これからも大切にしていきます。
周りの人を大切にすれば、自然と自分も大切にして貰えます。
日々平々凡々に感謝です。   少欲で幸福、満腹です。