お元気ですか!!  笑顔を忘れていませんか!!
雨が降ってから急に寒くなってきましたが風邪などひいていませんか、冷えると体がだるくなったり腰が痛くなったりトイレが近くなったりと良い事がないので少し厚着も必要ですね。
先月、三重県のお客様から御祈祷の依頼がありましたので内容を聞かせて頂きました。
お客様の親友で年齢が32歳(大厄)でお子様が2人で下のお子様は、まだ生まれたての0歳児です。
ガンの末期の状況で出産され母乳もあげられずにおられました。
お客様とは数年来のお付き合いをさせて頂いており、お客様の性格もよく解っています、今までに幾度となく友達の事でも自分の事の様に一生懸命動き回る方です。
まれに見る人の良い人でお断りする事が出来ませんので祈祷を始めました、一週間がたち何とか体調も崩さずにいられましたが電話をかけてお断りをさせて貰おうと思いましたが感謝されもう少しと言われましたのでお断りを言い出せず、もう一週間させて頂く代わりに後は休ませて頂きますと言いました。
やはり心配したのが起こりました、えらくて2日寝込みましたが何とか一週間が過ぎ電話をさせて貰いますと「少し元気が出てやる気を出してきました。」と聞きましたが、祈祷を止めて2日後に亡くなられました。(後から連絡を頂きました。)
だめだと思っていましたが、必死になって友達の事を心配されているのに駄目だと言えませんので私も一生懸命に祈祷をさせて頂きました、祈祷をしても感じる物がありませんすでに魂は体から抜けていて魂だけを引き止めていただけだと思います。(この祈祷は私の身が危ない以前に体験済みです。)
人の寿命は、決まっているのでしょうか、私は決まっていないと思います最低でも60年は生きられると私は思います、生命線の長い人でも若死しています。(若死の話は何時も心が痛くて泣けてきます)
寿命が短いのは、自然の摂理に反している物があるのだと私は思います、それは家だったり霊的な物だったりするのだと思います。
思いあたる事がないかもう一度考えてみてください。
皆さんの健康と長生きを望んでいます。
日々の健康に感謝  先祖様に感謝  おひさま(太陽)に感謝 ありがとうございます