お元気ですか!! ぼちぼち頑張っていますか!!
最近、お客様から「今まで病気、怪我をした事が無かったのに急に体調を崩してMRI検査をしましたが、どこも異常が無いと言われましたが現実に体調が良くない」と言われました。
家相鑑定をさせて頂くと、家相の悪い所が見つかりましたが今の情況が急な体調不良とは関係しないと判断をしましたので生年月日で鑑定をさせて頂くと、2年前に家の外に物置を置いたり木を植えたり大きな物を置いたりした様子があるのでお聞きしました。
お客様が「2年前に主人が金魚が好きで庭先に浴槽を2つ置いて金魚を飼っております」と言われました。
その次期から体調を崩されておられませんかと尋ねますとお客様が「そうです」とうなずかれました。
家相の図面に載らない家の外の事でも人に影響を及ぼします。
浴槽2つで金魚を飼うという事は、そこには水が沢山あり池の代わりをします。
昔の田舎の庭には池に鯉など飼っておられましたが家相的に悪いという事で、今では殆ど池を作る方がおられません。
池は運気を下げ、蒲団敷きの相と言われておりました、骨の病気や寝こんでしまうと言われております。
お客様は足が少しづつ不自由になっておられましたので、原因はこれだと鑑定をさせて頂きました。
浴槽を置かれている場所は鬼門の場所でもありました。
増改築、物を置く、木を植える、花壇を作る・・今まで無い事をする時は、年回り、3年塞がりの方位、鬼門の場所、土用、月日などを調べて行って下さい。

体調不良や家庭が上手く行かないと言われ電話予約をされた時に、家相は見て貰った事がありますかと尋ねますと、ハウスメーカーの方に観て貰って建てましたので大丈夫ですと言われました。
私は念の為に家相図を持ってきて下さいと伝え、持ってきて頂いた家相図の家相鑑定に入りました。
鬼門のど真ん中にトイレがありました、お客様に鬼門の説明をさせて頂くと「本当や鬼門の真ん中にあるわ」と顔が曇りました。
今まで幾度と無くこの場面に遭遇してきました、がっかりされる顔を見るのが辛いです
メーカーさんは家相の専門家では無いので、もう一度自分自身でも確認をして下さい。
メーカーさんの家相は凝りすぎて家の形がでこぼこになりやすいので家相学的に良しとしません。
今日の仕事 今日の一日を精一杯楽しむ事  ありがとうさん 感謝 光友易学