おこしやす!!

私は先月の6月23日で61歳になりましたが、その当日思わぬ事がありました。

所要で草津まで行って帰る時に最初の信号待ちした時でした、ふと前の車の車番を見ると623の車番だったのでびっくりして家内にちょっと見てと言いました。

こんな事があるもんやなぁと2人で笑っていました、私は左折しようと思っていたら前の車も左折し、しばらく623の後を走っていましたがいつのまにかいなくなりました。

61年間一度も623の番号を見た事がなく、6月23日の誕生日の日に623の車番を見たのは、神様の誕生日プレゼントかなと思いました。

なぜだか運があるなぁと幸福に思わせて頂きました。

草津での所要も上手く行き、もう少し遅かったら20人以上の待ちだったのです。

ありえない事が起こるのは、偶然なのか起こるべきことだつたのか、その日1日は事の流れが上手く行きました偶然は2,3度起こらないと思います、私は神様からプレゼントを頂いたと思いました。

幸福は物的なもの精神的なものと有ると思いますが、大きく見ても日本は物が有り余っていますし品物があります、日常の中でも空爆されて命を危険にさらす事もありません、今戦争をしている国などでは食料、命を落とす危険など生きて行くだけの不安があります、そう思うと大学生の悩みと幼稚園児の悩み位の差があるのかと私は思いました。

毎日が平和な日々に感謝です、そして続く事を祈っております。

今の嫌な事は大きな事、小さい事、我慢出来る事、我慢できない事、小さな事も思い続けると大きくなります、命の危険がないのならまだましかな、これ位ですましてもらって良かったです。

上を見て不安下を見て安心、上下見てキョロキョロしないでまっすぐ見てぶれないで下さい。

ありがとう  感謝    みつとも易学