東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
まさか日本でこんな事が起こるとは思いもしませんでした、一瞬の出来事でこれだけの被害が出るとは驚きです。
テレビで津波の様子を見ていると何もかもが押し流され、自然の怖さを知りました。
テレビを見ているとよその国の出来事のようで、本当に日本で起きている事なのか信じられません。
各テレビ局の津波の放送を見るたびにだんだん実感してきました。
テレビの報道で家族の方が津波に流されたり、目の前で家族が流されたりとどうする事も出来ないくやしさやつらさがひしひしとテレビの画面から伝わって来ました。
女の子がお母さんを探している場面では涙が止まりませんでした。
テレビの放送を見ると悲惨な情況が次から次と出て来るたびに涙が自然と出てきます。
じっとしていられなくなり3月7日の月曜日に市役所に行き義援金をさせて頂きまた。
ほんの少し気持ちが落ち着きましたがまだまだこれからが大変ですので、少しでもお役にたつことがあればと思っております。
我家の家族も一人一人が義援金と物資を協力したいと市役所に行きました。
人として全ての人が心を痛めていると思います。
みなさんのご協力をお願いします。(よろしくお願いします。)

海外からの救援部隊が、日本の為に頑張って頂き大変感謝しております。
配給の時に日本人は一列に並ぶ事や暴動が起こったりとかしない事に海外では賞賛されています。
とても誇りにも思いますし自慢したいです。(なぜか涙がでます)
秩序が守れて我慢強いからきっと復興が出来ると信じております。
東北の皆さんもう少し頑張って下さい、支援物資がもう少しで届きますから。
まだまだ私達ができる事はあると思いますが個人での現地への救援活動は止めて下い。
テレビでもまだ受け入れ体制が出来ていませんと報道がされておりました。
皆さん他人事ではなく人として救援をよろしくお願いします。
ありがとうございました 感謝 光友易学