お元気ですか!! ご無沙汰しております
4月も半ばを過ぎようとしていますが、新入生の方も少しなれた頃かもしれませんね。
この時期は未だに小学校1年生の時を思い出す時があります、新しい鉛筆と消しゴムの匂いを思い出します。(みなさんも4月の何か思い出はありますか)
新入生で学校や新入社員で会社に行かれる方は、楽しみと不安を持って行かれるのだと思いますが親御さんも心配と楽しみを持って見守っておられると思います。
親はお子さんに頼まれる事なく自発的にお子さんが、楽しい日常を過ごして欲しいと願います、これは
親として当然なのでしょう。(これが無償の愛だと思います。)
見返りを求めない、心の底から願う子供の幸福。
大人になっても純心な心は皆さん持っておられると思います。
この純心さが、他人の方に対しては持てるのでしょうか?
自分の幸福は、自分ひとりが噛み締めて誰にも伝えなかったら幸福と感じるのでしょうか。
例えばイチロー選手が記録達成をしても皆が騒が無かったら、ただ打っただけで淡々と打席に入るだけです。
幸福を感じる時は、幸福を伝えられる相手が居て一緒に喜んで貰える時だと思います。
幸福は自分で作っていくものもあるし、周りの人に一生懸命頑張って幸福になって貰って自分自身が幸福を感じる時もあります。
何時までたっても、親と子の関係が変わらず、85歳のお父さんは60歳の息子さんでも子供扱いをされます。
親は幾つになっても、子供に対して純心(無償の愛)な心が持てる事がすごいと思います。 
親は子供が幾つになっても子供扱い。
ありがたい ありがたい 無償の愛 感謝