お元気ですか!!  そこそこ頑張って下さい!!
最近、急に寒くなったり暑くなったりと温度差が著しくなっているので健康に気をつけて下さい。
11月の始め頃に強い風が吹いていましたが、よく考えてみると濁った空気を綺麗にする為に吹き飛ばして貰う事も必要だと思えてきました、自然って上手く出来ていますね。
先日、突然ブラジルから1通の手紙が届きびっくりしました、一瞬何か悪い事に巻き込まれたのかと思い手紙を開けてみました、すると手書きの日本の文字があったのでほっとしました。
手紙の送り主は今年2月頃に広島から電話を頂いた女性の方でした。
彼女は滋賀県の方で13年前に一度友達の紹介で来られた方でしたが、私にはまったく記憶がありませんでした。
電話で「13年前に鑑定をして頂いたのですが、今は広島にいますので電話でも鑑定をして頂けますか」と言われたので話しを聞かせて頂きました。
結婚されて広島に行かれましたが、女の子を引き取って離婚され現在の旦那さんと再婚して妊娠をされました。
旦那さんは、日系ブラジルの方で不況の為にブラジルに帰ることになったのですが、大きいお腹で長旅が心配と見知らぬ国への心配などいろんな不安が押し寄せていました。
電話で色々と話しを聞かせて頂いた中に両親はすでに他界されて兄弟もなく、相談する相手に私を思い出して頂いたのです。(ありがたい)
後日、手紙を頂きました「初めて先生とお会いして13年が経ちますが、全然変わらない優しい言葉に電話を切った後に涙が出ました。」と書かれていました。(私の目頭もあつくなりました)
私が目指している、「いつも変わらずにお客様に接する事とお客様への思いやりをもち続ける事、そしていかにして良くなって頂ける」を心掛けて来た事がお客様に届いた事に感謝と喜びを感じています。
そして、鑑定料はと聞かれたので出産されて出世ばらいと言わせて頂きました、出産費用や生活費も必要なのにまして、遠く離れた国に行かれるのにどれだけの不安があるのだろうと私も心配でした。
郵便物の中にブラジルからの手紙を見つけた時は彼女の事などは忘れていました。
手紙の中に「超安産で女の子を出産しました。」と書かれていました、そしてこんな事も書かれていました「一人目を生んで12年目がきますが、二人目を無事授かり出産出来る事はあきらめかけていました。」
「今度は家族の写真を送ります」と書かれていました、私は彼女の顔も解らないのですが、心のふれあいができて身近なかただと感激しています。
ありがたい ありがたい  言える事が  ありがたい